2010年

8月

18日

3声のリコーダーのための作品を集めて(8/22追記)

 

 

 

リコーダートリオでのコンサートのご案内です。

リコーダーが活躍したヨーロッパの中世、ルネサンス、バロック音楽の作品を集めたコンサートです。

 

9/25(土)14:00〜

タケヤマホール(大阪市住之江区)

出演:村田佳生、白木絵美、橋詰智章(リコーダー) 

前売:3,000円

 

クラシック音楽を良くご存知の方でも、殆ど聞いた事の無い作曲家の作品ばかりになりますが、ホールコンソート(同種楽器での合奏)が流行っていた当時の作品では、多声音楽でのアンサンブルのあり方や、その美しい響きなどからも、作曲された当時の音楽様式を知ることができます。

 

ご存知の曲は1曲も無いかもしれませんが、私たちが長い間温め続けてきたリコーダーコンソートの一端をお見せできればと意気込んでいます。

 

今回は、普段あまり見慣れないルネサンスタイプのリコーダーを中心に、ボイスフルート(D管のテナー)やグレートバス(C管のバス)、コントラバス(F管のバス;長さ2M)なども登場します。お楽しみに!!

 

 

 

さて、誠に恐縮なのですが、タケヤマホール(大阪市住之江区)は45席限定となっております。

残チケットはすでに残り僅かとなっておりまして(8/18現在)、前売り券が完売の場合は当日券の販売もございませんので、何とぞお早めにチケットの予約をして下さいますようお願い致します。

 

コンサートの詳細はこちら

 

チケットのご予約はこちらからも承ります。

 

 

追記:チケットが完売致しました。

お問い合わせをくださった方々、申し訳ございませんでした。

またの機会に是非お越し下さいますよう、何とぞよろしくお願い致します。